「勝利の美酒 」The Typewriters(ザ・タイプライターズ)第三号表紙

ザ・タイプライターさん(Twitter:@TheTypewritersM )からのご依頼で

「The Typewriters第三号」の表紙イラストを描きました!

自分が大好きな1920年代のジャズエイジ!

勝利の美酒作品解説

「勝利の美酒」

時は1920年代、アメリカのジャズエイジ。

書き物の後、バンカーズランプのほのかな灯りに映るのはクシャクシャの下書き。

苦労の末原稿を仕上げた後の勝利の美酒は何物にも変え難い。

表紙は煌びやかに。

裏表紙には苦労の跡が残ります。

乾杯するシャンパンはシャンパーニュの老舗メゾン、ルイ・ロデレールの芳醇な香りのエルミタージュ・ブリュットを。

タイピストもお洒落を楽しんじゃっていいじゃない?

男も女も着飾って今夜は思いっきり楽しむの。

竹久夢二をリスペクトしたたおやかな女性像でフラッパーを描いて少し背徳的に。

万年筆はアメリカ発の老舗、PARKER社の万年筆、デュオフォールドマンダリンイエロー(1927年)をチョイス。

細部へのこだわり、クラフトマンシップに則った丁寧な仕事で英国王室御用達のブランドです。

日本の美しい七宝焼から着想を得たカラーで日本とアメリカをリンクさせて。

ジャズエイジにふさわしい華やかな画面に拘りました!

タイプライターとランプ・電話はご希望があったので、こちらからは実際のお酒と万年筆をご提案してみました!

実物があるものだとよりリアル感が出ますよね。

ぜひ、大人な皆様は実際にお酒などと共に本を読み、お楽しみいただけますと幸いです!

創作とタイプライターが好きな方はぜひ!

【冊子情報】

同人総合文芸誌『The Typewriters (ザ・タイプライターズ)』第三号をお送りします。
小説、エッセイ、漫画、インタビュー、イラスト、タイプライターまで。読み物としてだけでなく創作にも役立つ記事もてんこ盛りです! 

今号のテーマは『メッセージ』様々な寄稿者が込めたメッセージをお届けします。是非お楽しみください。

書店で見かけたら宜しくお願いいたしますー!

作品通販↓

https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=1742067

天壌へのイラストのご依頼・ご相談はこちらから。

お見積もりも可能です。

個人の方もお気軽にどうぞ!

天壌

HP:https://tenjou.jp/

Twitter:https://twitter.com/tenjoumeg

\ share! /
error: Content is protected !!